戯曲 「追放の夜」